ビジネス実務法務検定3級は独学だけはやめておけ

いきなり衝撃的なタイトルになって申し訳ない。しかし実感なのだ。

ビジネス実務法務検定には3級から2級そして1級まであり、そのうちの3級は難易度としては一番下になる。つまり「簡単な試験だろう」、そう世の中は思っている。実際に合格率は高い。

このビジネス実務法務検定だが、受験者層は2つに分かれると思う。ひとつは行政書士とか何らかの関連資格を取得していて、そしてビジネス実務法務検定に挑戦するタイプ。もうひとつが、まったくの初学者だ。

後者の初学者のタイプが厄介だと思う。確かに3級の合格率は高いが、この数字を信じてしまい市販のテキストと過去問題集をちょっと勉強して、試験に臨み不合格になってしまう。

実際に合格率が高いと言っても100%ではないのだ。この事実に目を背けていないだろうか。

そもそも1級などに比べればレベルの低い3級だが、覚えることは結構多い。最初に出てくる私法の基礎となる民法。条文だけでもすごい量。もちろんビジネス実務法務検定ならば、出てくる箇所は決まってくるが、それでも社会人ならば抵当権(物権)とか連帯保証(債権)などの知識がいることは分かるだろう。

ビジネス実務法務検定3級は、民法のほか、会社法(こっちもメインに近いと言ってもいいかもしれない)、関連法令を学ぶ。実際に勉強してごらんよ。私は行政書士試験合格者だったから短期間で合格できたけれども、まったくの初学者が3級の合格を短期間でできるかと言うと、疑問点が残る。合格できたとしたら優秀な方だ。3級でも周りに自慢していいと思う。

それでは現実的に初学者の方が3級に合格するにはどうしたらいいのか?やはり通信講座を利用するのがベストだろう。ビジネス実務法務検定3級の試験を実施する東京商工会議所でも通信講座を開講している。ただし紙のテキストベースで、市販のテキストとあまり変わらない(添削指導がある点がメリットか)。
【参考】公式通信講座ー東京商工会議所

個人的には資格予備校の通信講座がいいのではないだろうか。3級ならば5,000円もあれば勉強できるはず。しかも民間だから、必死に教材を作っている。価格も高くなく、パチンコ1回分を節約すれば、受講できる価格だと思われる。
【参考】低価格のビジネス実務法務検定3級通信講座を比較!月額制(サブスク)で受講できる講座も

補足なのだが、ビジネス実務法務検定3級では公式テキストと過去問題集が発売されている。アマゾンなどで確認されるといいと思うが、それぞれ3,000円以上する。

つまり、通信講座によっては、公式テキストと過去問題集を購入して独学で合格を目指すよりも、通信講座の方が費用が抑えられるケースもあるのだ。なんとも皮肉ともいえる結果だ。こんな逆転現象もある。ぜひ参考されるといいだろう。

この記事へのコメント